共通のキーワードは合コン

 

 

小谷:え~では続いては特集です今全国である大型イベントが急増しています。共通のキーワードは合コン、地域経済の活性化に向けた切り札となりますでしょうか

主催側:せ~の乾杯

ナレーター:先週東京八王子のある飲食店、大人数のパーティー?客の手には同じリストバンドがこの1時間前駅前には若者が続々と集まっていました

主催者:こちらがハチコン参加者の証明になるリストバンドなります

ナレーター:この日地元の学生有志が開催した八王子の合コン、ハチコン街ぐるみの合コン通称街コンと呼ばれる巨大合コンです集まったのは男女各170人参加費は男性4500円女性3500円です地元八王子に住むという会社員の中村さん新たな出会いを期待して参加しました。

中村:地元の人が多いと思ったので近い人を仲良くなれれば飲みにも行きやすいかな

ナレーター:開始から30分早くも盛り上がりを見せる店内ですが

主催者:移動は自由になっているんでお好きにご自由に出入りしてください

ナレーター:徐々に人が入れ替わり中村さんも店を出ます一体どこへ

インタビュアー:次はどこへ行かれるんですか

中村:え?とここですね今空いてるって言われたんで

ナレーター:この街コンに参加する飲食店は駅周辺の5店舗340人の内、始めの店舗にいたのはおよそ70人1店舗のあとは自由に移動します都内でも人口が多い八王子、一見賑わってるように見えますしかし今回のイベントの発起人和田さんは危機感を抱いています

和田:オフィス街がある場所じゃないので基本的にはあの移動の際の帰り道だったり長くお付き合い出来るような関係をつくらないとやっぱりやっていけない街だと思いますね

ナレーター:商店街によるとJR八王子駅前はこの10年の間に人通りが2割から3割減っていると言います周囲の街に客が流れ街で飲食をする人が少ないのです更に

宮腰:こちらのそごうさんがですね今年の1月31日で撤退しますんで近辺の立川、町田そういう他のとこの方が伸びてて八王子だけがちょっと落ち込んでる関係なんで

ナレーター:こうした状況を受け商店街も街コンに期待を寄せています2店舗目に入る中村さん

参加者:俺から離れて脱皮して一人でウロウロしてんの

中村:見つかりそうですか飲み友達

参加者:え?

中村:見つかりそうですか

参加者:あっどうかな

中村:飲み友達

参加者:どうですか?

中村:あ~全然

ナレーター:5店舗を自由に回れて食べ放題飲み放題、地元に住むという参加者は?

参加者:料理美味しいです

インタビュアー:このお店来られたことありますか

参加者:いや初めてです

参加者:今まで知らないようなお店ばっかだから行ってみたいまたアハハ

ナレーター:男性から連絡先を受け取った中村さん達、3件目の店に移動します。街コンではソーシャルネットワークの活用も特色、店の壁に写っているのはツィッター各店はイベントを開催しその情報をツィッターで共有します。

ハチコン実行委員:お客様の方ではこれから企画があるとか分かったらすごい移動しやすっていう判断する材料になると思うので

ナレーター:イベントを知らせることで5店舗で人数の偏りがないように各店舗が客の数をカウントしながら調整をします

主催者:ケーキ入場です

参加者:初めてお会いした人とケーキ入刀してますからみたな面白いイベントもありつつ

ナレーター:店舗側は客一人につき一定の金額を受け取るという仕組みです。はたして収益は?

山口:はい正直薄いですね、はいでもそれ以上にやっぱりこういう風にあの知ってもらえるっていう利点もありますし

ナレーター:中村さん最後の3店舗目ではいつの間にか女子会にさてこのあとは?

中村:ゆっくり飲みに今、今から行ってみようかなアハハ

インタビュアー:女友達と?

中村:女友達と

ナレーター:終了時刻は午後9時半、二次会で再び八王子の街へ繰り出します。こうした街コンは今全国に拡大、地域活性化への期待から毎週のように開かれています。その発祥とされているのが2004年に始まった宇都宮の宮コン、始めたのは今も実行委員を務める佐々木さん商店街近くで25年間バーを経営しています。その中で街が寂れていく様子を見てきました。

佐々木:大きくは1つは危機感ですよね、あの街の中がもう街として機能しているんだろうかみたいなものも

ナレーター:当初は店に若者を呼ぼうと4店舗が企画、男女合わせて170人を集めました。年々拡大し現在は52店舗2000人以上の規模になりました地元の飲食店は

勝呂:宮コンで初めて来たというお客様がそのあと当店にお越し頂く事も多いのでそういった意味では集客には繋がってるかなとは思います。

大塚:大げさな話やっぱり昔の雰囲気を取り戻してる感じはしますね

ナレーター:しかしこの宮コンも次の課題に直面しています。夜に開催する宮コンの集客力を昼にも広げようと地元商店街と新たな取り組みを始めています。

佐々木:すみません遅くなりました。

ナレーター:3月開催予定の宮コンで商店街と共同で昼のイベントを企画しています。

佐々木:2時ぐらいからですね始まりまして4時前には終わってしまおうという風に考えています。そうすることによって18時からの本番の宮コンの間の2時間は買い物をしてもらったり何か街の中を見てもらったりというように

ナレーター:これまで佐々木ら有志の実行委員会が運営し商店街は傍観していましたが今後は協力していきたいとしています

長谷川:宮コンで成立をしてお子さんができたら2割引きとかね

ナレーター:飲食店以外の店で使える割引クーポンを参加者に配るパンフレットに載せる事を決めました

長谷川:滞留時間、長くいればやはり買い物にも結びついてくるし宮コンに存分に参加して協力して我々も売上を上げる方法をたぶん考えていくんだと思うんですけどねはい、でも頑張りますよ

ナレーター:更に行政も宮コンの集客力にようやく注目し始めました

大木:是非、宇都宮で翌日も

佐々木:はいはい

大木:参加者がなんか回遊出来るようなイベントを探しましたんで

佐々木:そうですね、そのあともあるので是非そういうものを出して頂ければたぶん行ってくれる人もいるんじゃないかなという風に

ナレーター:県外からの参加者は宿泊する人が多くいます。そこで翌日の観光に繋がらるように市役所は宮コンのパンフレットにイベント情報を載せたいといいます

大木:活性化というような観点では誰も見てないと私は思っていました民間の方だけで1回でその2千数百名を集めるっていうのはなかなか有り得ない話でございましたのでこういった機にやっぱり宇都宮を宣伝していきたいと

佐々木:商店街や他の業種、他の業態とも上手に連携を図れればもっともっと来てくれるお客さんが喜んでくれるサービスっていうのは生まれてくると思うんですよね

ナレーター:全国に広がる街コン、本当の地域活性化に繋げるには継続と地域全体の連携がカギとなります。

小谷:あの早速VTRを観ながらシンドウさん

新藤:いや森本さんの真剣な眼差しがですね、とても興味深かったんですけど我々も考えますかね

小谷:うん、シンドウさんこの神谷町界隈でビルの中に吸い込まれていっている若者達を是非あのね

新藤:そうですね

小谷:集めて

新藤:友コンとか呼んだりしてね

小谷:あはは

森本:街でやるってちょっと目からウロコというかその手があったかっていう気がしましたね

小谷:よろしいですか?こちらに移ってあの実はですね2月来月ですね開催予定の街コン日本全国でもこれだけこれはあのすみません書ききれなかったのでこれ以上に市町村単位であるんですね。あの地元の若者それから周りの地域の活性化に非常に繋がっていて大体200人から1000人単位でのイベントが開かれるんだそうです。いいですよね友達作りにもね

木内:そうですね、まぁ独身男女だけじゃなくってもっと幅広い年齢あの性別の方でやっても良いので、ですが人と人の出会いでもありまけども人と街との出会いでもあるので、そういう対象を広げていく事によって利用されるレストランとかもやっぱり違ってくるでしょうからより、こう幅広くやった方が地域活性化なるような気がするんですね、それとこういう横に連携していくとかあるいはその競争するいうそれによって競争してあの魅力のある街に繋がっていくとかですね、まだまだこう何か発展途上にある領域なのかなって感じました。

小谷:ね~あの本当に商店街だけではなくてこうね

新藤:街全体でね

小谷:街単位で広げていきた動きでした。さて中国へ進出する日本企業が増える一方ですね中国から日本への投資というのもご覧のように

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です